高カロリーなマクドナルドのハンバーガーをダイエット中でも太る事なく食べる方法

2020年10月9日

大阪マクドナルトのカロリー

レコーディングダイエットで体重をベストで維持しているももななです。

ダイエット中にマクドナルドのハンバーガーが食べたくなる時ありますよね?
(ダイエッターあるあるです。)

そこで今回は、減量中でもマクドナルド(関西ではマクド、関東ではマックといわれてますが)の高カロリーなハンバーガーをダイエット中でも太る事なく食べる方法を伝授します。

それと、カロリーを計算しながら太らないようにして、「ダイエット時のマクドナルドハンバーガーおすすめ組み合わせ」も併せてご紹介します。

ぜひ、ダイエット中でマクドナルド(マック)のハンバーガーを楽しみたい時に参考にして頂ければ幸いです。

マクドナルドのメニューからハンバーガーのカロリーを調査する

マクドナルドのハンバーガーでダイエット中に食べていいハンバーガーをチョイスするため、まずはマクドナルド公式からメニューを調査してカロリーを調べました。

・マクドナルドのハンバーガーのカロリー一覧

・テキサスバーガー2018:639kcal
・アイダホバーガー2018:666kcal
・ハンバーガー:260kcal
・チーズバーガー:310kcal
・ダブルチーズバーガー:463kcal
・ビッグマック:530kcal
・てりやきチキンフィレオ:504kcal
・えびフィレオ:395kcal
・グラングラブハウス:516kcal
・てりやきマックバーガー:496kcal
・チキンフィレオ:466kcal
・ベーコンレタスバーガー:376kcal
・ベーコンマックポーク:432kcal
・チキンチーズバーガー:444kcal
・エッグチーズバーガー:390kcal
・チキンクリスプ:358kcal

・ベーコンエッグマックサンド:299kcal
・エッグマックマフィン:310kcal
・ソーセージエッグマフィン:388kcal
・マックグリドルソーセージエッグ:550kcal
・マックグリドルベーコンエッグ:396kcal
・マックグリドルソーセージ:420kcal
・メガマフィン:687kcal

※2020年5月15日付に調べた情報

結構しらべてみましたが、基本的に具沢山系のハンバーガーが当たり前にカロリーが高くなる傾向でした。

ダイエット中に食べていいマクドナルドのハンバーガーとそのカロリー

ずばり、下記の6種類のハンバーガーが候補にあがりました。

チーズバーガー ・・・ 307kcal
チキンクリスプ ・・・ 345kcal
チキンクリスプマフィン ・・・ 364kcal
チキンタツタ ・・・ 379kcal
ハンバーガー ・・・ 257kcal

※2020年5月15日付に調べた情報

ダイエット中に高カロリーなマクドナルドのハンバーガーを楽しむには、この6種類のハンバーガーから選んで食べないと、さすがにカロリーオーバーで太ると思います。

さらにポテトは絶対カロリーの塊だから食べたらだめです。

マクドナルドのポテトはダイエットが成功できてから食べましょう。

 

倍グラン ベーコンチーズバーガー等はダイエット中には高カロリーすぎ

倍グラン ベーコンチーズ、倍ダブルチーズバーガー、倍マクポ(倍ベーコンマックポーク)、炙り醤油風 ダブル肉厚ビーフ、メガマフィン、チキンタツタ めんたいチーズ、グラン クラブハウスとか食べたいけど、ダイエット中には、高カロリーすぎる。><

私がピックアップした上記のハンバーガーは、ダイエット中でもうまく食べる事で楽しみながら痩せる事ができる逸品達だと感じます。

他のハンバーガーはダイエットに成功して、胃が小さくなってから楽しんだほうが良いと思います。

それでは、ダイエット中でもカロリーを計算してマクドナルドを楽しむための食べ方とコツを紹介していきます。

 

ダイエット中にマクドナルドのハンバーガーを食べる方法

高カロリーなハンバーガーをダイエット中でも太る事なく食べる方法として、

私からみたダイエット中に食べるマクドナルドハンバーガーおすすめ組み合わせは、前項でピックアップしたハンバーガーを中心に、ポテトは頼まず、チキンナゲット5個と併用して食べる食べ方です。

この場合、
ハンバーガーが256kcal
チキンナゲット5個が270kcal
飲み物はコーヒー

で頂けば550キロカロリーくらいで楽しめて、
そこまで一回の食事のカロリーとしては高くなくダイエット中でも楽しんでいただく事ができます。

それではこれらの情報を基本に、私ももななのおすすめ注文例を紹介します!

ダイエット中に高カロリーなマクドナルドのハンバーガーを食べても太らない食べ方一位は

ももなな独断、ダイエット中に高カロリーなマクドナルドのハンバーガーを食べても太らない食べ方1位は!

夜マックのハンバーガー×2個+チキンナゲット+お茶の組み合わせです。


わたしが提案する一日の食事例

朝:ウイダーインゼリー程度のものをいただく。(200キロカロリー程度)
昼:おにぎり1つとみそ汁程度を食する。(200キロカロリー程度)
夜:夜マックのハンバーガー(356kcal)×2個+チキンナゲット(270cal)+お茶でハンバーガーを堪能する。

この場合だと、1500キロカロリー程度になり、成人男性・女性に必要な1日のカロリーをまとめてみたでご紹介している女性が一日も必要なカロリーを軽く下回ります。

結果的に太ることはまずないマクドナルドのハンバーガーを取り入れた献立になったのではないでしょうか。

ちなみにカルシウム摂取と腹持ちUPのために夜マックハンバーガーをチーズハンバーガーに変えてもいいです。

ダイエット中におすすめの組み合わせ「夜マックのハンバーガーとチキンナゲット」

実は、夜マックのハンバーガーとチキンナゲットは、ダイエット時におすすめなメニューの組み合わせであったりします。

夜マックのハンバーガーは2枚で、炭水化物であるバンズとの比率でみると脂質のすくないオージービーフでボリューミーな上、ハンバーグの部分は超ヘルシーです。

さらに脂質の少ない牛肉100%のハンバーグは、同じ牛肉の焼肉編記事でも以前紹介した
「ダイエット中に高カロリーな牛肉を食べるなら焼肉食べ放題のワンカルビが超おすすめ」や「焼き肉はダイエットにおすすめ!牛焼肉の各部位別カロリーもランキングで紹介」のとおり、牛肉の栄養で体の代謝をあげたり、消化する際にもカロリーを必要とするため、基礎代謝もあげてダイエット力UP。

そして、腹持ちもいいので満足感が高いのにヘルシーな食べ方になるといえます。

チキンナゲットも実際はそこまでカロリーが高くない上に腹持ちがいいので、この夜マックのハンバーガー+チキンナゲットの組み合わせは、私の裏技的な注文の仕方で、反対に翌日痩せれてたりするんです。

これは裏技、裏情報として覚えておいてくださいね。

ダイエット中でもマクドナルドを楽しむために

今回、ご紹介した私のおすすめの食べ方は、実に実戦的でダイエット中でもカロリーをおさえつつ、マクドナルドのハンバーガーを楽しむための裏技であると確信してます。

その他のカロリーが高いハンバーガーは、うまく痩せた後に楽しむようにしましょう。

ダイエット中にマクドナルドのハンバーガーをなんでもありで食べると痩せれないので、やせてから一日の総摂取カロリーを計算してたべるレコーディングダイエットの教えを生かして楽しむとして、現在かなりダイエット中な場合は、ぜひ私のノウハウを参考にしてみてください。

明らかに成果はでるはずです。