サバ缶(味噌煮・水煮)はカロリーは高いけどダイエット中におすすめ

2020年9月10日

鯖缶の水煮、味噌煮はカロリーはやや高いけどダイエットに最適な完全食

ダイエット中に鯖缶、特に鯖の味噌煮缶は、カロリー的にも腹持ち的にも超おすすめ食だったりします。

鯖缶はスーパーに行けばまず売ってるし、すぐに食べれるところが素晴らしいですが、鯖は人の体に最高の栄養素の塊であり、ダイエット中や健康維持に絶対取り入れたい食材だったりします。

テレビでも「さばダイエット」とかでブームになってましたが、筆者ももななが好き好んで食べる牛肉や豆腐にならぶ、ダイエットにも最適な素晴らしい栄養素の塊な鯖(鯖缶)の魅力を、今回紹介しますので、ぜひ日々の食事に取り入れてみてください。

 

サバ缶「味噌煮」のカロリー

サバ缶の味噌煮の場合、カロリーは100g当たり180kcal~210kcal前後です。1缶全部食べると360~420kcalくらいのカロリーだと思ってください。

サバ缶「味噌煮」のカロリー

サバ缶「水煮」のカロリー

水煮の鯖缶の場合、カロリーは100g当たり120kcal前後で、サバ缶は1缶200gくらいなので200kcal~240200kcalが目安で、サバ缶の味噌煮と比べると味噌ソース分、かなりカロリーは低いです。

サバ缶「水煮」のカロリー

今回は鯖缶の味噌煮推しですが、鯖缶の水煮はいろんな料理に使えるので、鯖缶の水煮の良さも、以下で番外編として軽く紹介します。

 

鯖缶のメインとなる鯖の栄養素

基本的に魚の脂質は水溶性で体にいいですが、鯖の脂は青魚特有のEPA(イコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)が多く含まれています。

EPAとDHAは、血液中をさらさらにして血管を強くするとともに、心筋梗塞や脳卒中のリスクを減らす上に、中性脂肪の吸収や合成を抑制し、余分な血中の中性脂肪の代謝を促進する働きが期待できます。

まずこれだけで、体が若返る事で美容にいい事がわかりますよね。

しかも骨ごと頂くわけでカルシウムもばんばんとれますし、ビタミンDも一緒に取れるのであとは、たまねぎやサラダと併用したら、ほぼ完全栄養食にもなります。

しかも鯖のたんぱく質は、体にとてもいいので、さらに詳しく紹介します。

 

鯖缶は肌もきれいにする

鯖に含まれているたんぱく質は、ビタミン類も多く含まれていますが、そのなかでもビタミンB6が豊富で皮膚を健康的な肌にしてくれます。

肌を健康にしてくれて手軽に食べれる鯖缶がおすすめな理由として、太らないのに肌がきれいなるところです。実際に試してください。本当にお肌もきれいになります。(もし変わらない場合は個人差もあるのでご了承ください)

 

鯖がもつ優れた栄養素とダイエット効果

鯖がもつ優れた栄養素は健康増進力とダイエット効果にずばり絶大です。

鯖缶には、健康にも良いといわれるEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)が大量に含まれていて、EPAは食欲を抑える効果や糖質の吸収を穏やかにしたり、血液をサラサラにしてくれる効果があります。

また、DHAは頭が良くなるとよく言われ、健康面でもダイエットにも最適なんです。

そして、これも鯖缶の良いところで、骨までしっかりと食べられる事ができる事で、カルシウム、ビタミンⅮ摂取することができて、健康のためにとてもおすすめだったりします。

実際に私ももななも、鯖の栄養価のすごさ、ダイエット力を、日々の食事から実体験で感じます。

 

食べすぎはセレンとEPAの過剰摂取になる事も

鯖缶がダイエットに向いているとここまでで紹介しましたが、サバはセレンとEPAが大量に含まれすぎていて食べすぎは反対に禁物です。

セレンという栄養素は抗酸化酵素の活性化を助け、ガンや動脈硬化の予防の点から注目されているミネラルですが、取りすぎると胃腸障害等の副作用もでるそうです。

また、鯖缶のスープまですべて飲み干すと、EPAが1日の必要量を超してきたりして、EPAもとりすぎると出血した時に血が止まらなくなったりします。

なので、鯖缶は多くて1日1缶までにするのがベストです。

 

ももななおすすめの鯖缶の味噌煮の食べ方

私ももななの独断になりますが、ずばり、ダイエットに効く鯖缶の味噌煮の食べ方を紹介します。

必要なもの
鯖缶の味噌煮 1缶
豆腐1丁(国産の大豆や添加物がないものが理想)
鰹節、ネギ、一味を用意してください。

これだけです。

1.まず、鯖缶の味噌煮はカセットコンロを使ってじっくりとろ火で火をいれます。

2.豆腐は水抜きをしっかりして、たべたい量だけ用意して、鰹節とネギをかけておきます。

3.鯖缶の味噌煮を、すこしずついただきながら豆腐とすこしながら頂きます。

これって料理?と思われるかもしれないですが、この食べ方の良さは、カセットコンロで鯖缶に火を入れていく事で、徐々に味がかわってきます(濃くなって味が香ばしくなります。)

この味の変化を利用して、水抜きをしっかりした豆腐といただくわけです。

こうすれば、下ごしらえ不要で最高においしくて、しかも栄養が最高で、さらにどんどん体の体脂肪が減って綺麗に痩せる事ができるんです。

カロリーの低い鯖缶のイラスト

 

番外編 鯖缶の水煮を使ったスパゲティ

鯖缶の味噌煮は元から味噌の美味しい味付けがあって、手っ取り早くしかも腹持ちがいいので、ダイエット時やめんどい時に大活躍ですが、水煮缶は元の味が塩味風なので、いろんな料理に手軽に使う事ができます。

例えば、レトルトカレーに鯖の水煮缶をまぜて煮立てるだけで、鯖カレーができます。栄養満点になり、しかも低カロリーで満足のいくボリューム感を得られます。もちろん腹持ちもよくなります。

ももななの場合、鯖の水煮缶を利用してつくる料理でおすすめなのが鯖パスタです。

スパゲティはフライパンで6分ぐらいゆでて、鯖の水煮缶を投入、キノコ系もいれて、まぜまぜするだけでできちゃいます。

炭水化物を取るのが太りそうと思いますが、適量の炭水化物は健康のためにも必要なので、たまにはこういう鯖パスタも食べてください。

 

鯖缶(味噌煮と水煮)で美味しくさば缶ダイエットを取り入れて健康も維持しよう。

やせるホルモンが効く!さば缶ダイエット (主婦の友生活シリーズ) やテレビ他のメディアでも紹介されている鯖缶ですが、私ももななも独自に鯖の豊富な栄養素は知っていましたが、おいしくダイエットしながらお肌もきれいになって脳梗塞、ボケ防止も含め健康維持するためにも、日々の食事に鯖缶を取り入れてみてください。本当におすすめです。

鯖缶の水煮を利用して、スープやカレーなどといった料理にもアレンジすることができ、凝れば凝るほど色んな料理にも活用できますが、鯖の味噌煮缶のほうが、さらに手軽に食事にとりいれる事ができるので、ぜひ毎日の食生活に鯖缶の味噌煮を中心に、水煮缶も取り入れてみてください。

ダイエット時には、私ももななおすすめの鯖缶(味噌煮も水煮もOK)+豆腐をフライパンで炒めてお好みの味で食べるのも、オススメ!

おいしいのでぜひ試してみてくださいね。