ダイエット中はカロリーは意識しつつ牛肉、豚肉、鶏肉を食べるのがおすすめ

2020年10月24日

牛肉、豚肉、鶏肉 カロリー 画像もしかして、ダイエット中に「お肉が食べたい」とお肉をたべてない事ないですか?

実は、ダイエット中にこそ牛肉、豚肉、鶏肉をはじめラム肉、馬肉とかを中心に食べるべきなんです。

ただし、脂のない赤身肉を中心に食べる事で低カロリーな上に体の基礎代謝を上げる事ができ、結果痩せるんです。

そこで、今回は必見「ダイエット中にこそお肉を食べる」の理由、

実際にどういう風に食べれば痩せるかをご紹介していきます。

 

ダイエット中にこそ肉を食べて痩せたほうがいい理由

ダイエット中の食事は野菜中心でご飯はもちろんお肉も食べないほうがいいというイメージをお持ちの方がいるようです。

たしかに炭水化物である白米や麺類は極力たべないほうがダイエットは成功します。

ただ、お肉を食べないと反対に痩せにくい体をつくってしまい結果太るわけです。

その理由は「たんぱく質不足になると体の基礎代謝が落ちて、少ないカロリーでも体が消費しなくなる」なんです。

要は必要なたんぱく質を取らないと体の活動が滞り、何のためのダイエットなのかわからなくなるんです。

牛肉、豚肉、鶏肉 カロリー 画像

 

肉を食べないと体の基礎代謝が落ちて太る

肉を食べないと体の基礎代謝が落ちて太ります。

例えば、体の基礎代謝が落ちると

1.疲れやすい体になり動けなくなるので結果太る
2.野菜ばかりだと本来必要なたんぱく質が取れなく元気がなくなり老ける
3.体のエネルギーが足りなくなると毎日がつらくなり気持ちもふさぎこんでしまう。

という、悪循環にはいってしまうんです。

そして肉全般に言えますが、特に牛肉にいえるのは、

「消化するにもカロリーを消費する」

んです。

牛肉、豚肉、鶏肉 カロリー 画像

食べるだけでカロリーを消費してくれる牛肉、
そして、体の血肉になるその他の肉もむしろダイエット時こそ
積極的にたべないと成功しないわけです。

ただ肉の部位などで反対に太るので、
ダイエット中に食べるべきお肉を紹介します。

 

牛肉のカロリー(オージービーフの場合)

ダイエット中は和牛はたべてはいけません。
理由はカロリーが高いからです。

ダイエット中の牛肉はオージービーフを食べますが、
オージービーフでみた部位別栄養成分(可食部100g当たり)を紹介します。

  • 肩肉(赤身)・・・130kcal
  • 肩ロース(赤身)・・・170kcal
  • サーロイン(脂身つき)・・・300kcal
  • サーロイン(赤身)・・・140kcal
  • バラ肉(脂身つき)・・・370kcal
  • もも(赤身)・・・130kcal
  • ヒレ(赤肉)・・・130kcal

いかがですか?

バラ肉やサーロイン以外なら1キロ食べても知れてます。
なのでダイエット中に牛肉を食べるのはオージビーフに限りますが有効なんです。

豚肉の部位別カロリー

それでは豚肉のカロリーも紹介しておきます。

豚肉の部位別カロリー(可食部100g当たり)

豚バラ肉(脂身つき) 430kcal
豚ロース(脂身つき) 300kcal
豚肩ロース(赤肉) 150kcal
豚ロース(赤肉) 140kcal
豚ヒレ肉(赤肉) 115kcal

ダイエット中に豚肉も脂の少ない赤身なら低カロリーで太らないのがわかります。

 

鶏肉の部位別カロリー

もうひとつダイエット中のお肉といえば「鶏肉のささみ」といわれるの鶏肉のカロリーも紹介しておきます。

鶏肉の部位別カロリー(可食部100g当たり)
鶏もも肉(皮あり) 200kcal
鶏もも肉(皮なし) 130kcal
鶏胸肉(皮なし) 120kcal
ささみ 109kcal
手羽元 197kcal

低カロリーな鶏肉がダイエット中に人気なのがわかりますが、
ここで気が付きませんか?

そうなんです。牛肉でもオージビーフの場合、鶏肉と変わらないんです。

ダイエット中に食べるお肉のポイント「低カロリーな赤身肉だけたべる」

肉の主な栄養素はタンパク質と脂肪です。
しかも肉のタンパク質に、人間が体内でつくることのできない「必須アミノ酸」をバランスよく摂取する事ができ、その他にも、体に必要な栄養素がたくさん含まれています。

その上で、肉は部位や種類によってカロリーの幅が恐ろしく違うんですが、
ダイエット中に食べるお肉としては「脂のない赤身肉」を食べるという事がキーワードになります。

また、ダイエット中は牛肉を中心に豚肉、鶏肉を効果的に食べる事も必要なんです。

そうすればむしろ肉は低カロリーでヘルシーな上に

1.太りにくい体をつくる
2.毎日元気はつらつになるので消費カロリーも高まる。
3.幸せホルモンも合成されるので楽しい気分で生活ができる

と痩せながら毎日楽しく健康的に過ごす事ができるんです。

牛肉、豚肉、鶏肉 カロリー 画像

もう一点、牛肉は高カロリーでダイエット中に不向きと思われがちなんですが、ビタミンB群、鉄分、亜鉛も豊富で、赤身には上質な動物性たんぱく質が豊富に含まれてて絶対にダイエット中には食べたいお肉です。

特にオージービーフには、低カロリーなのに身体に必要な栄養素が豊富に含まれています。

 

太らないように肉を食べてダイエットを成功させるためには牛肉を中心に豚肉、鶏肉を食べる

タンパク質が不足すると痩せにくい体になっていくのはもちろん、
体の代謝が落ちて動きもにぶり元気がでなくなって結局健康にも影響を及ぼしてダイエットの意味がなくなります。

体の筋肉、元気の源になるタンパク質はダイエット時の時のほうがむしろしっかり摂る必要があります。

ただ、太る事もないよう、ダイエットを成功させるためには絶対に脂のすくない、特に牛の赤身(ロース、ハツ、ヒレ、肩ロース、ツラミ、ハラミがおすすめ)を食べる事が重要になってきます。

その上でさらに豚肉と鶏肉の各部位を組み合わせて食べる事で体が必要とするパワーを手に入れながらダイエットにも成功する事ができてきます。

ダイエット中に食べる肉NO1は低カロリーなオージービーフの牛ロース

牛肉、豚肉、鶏肉 カロリー 画像

ダイエット中の肉NO1は低カロリーなオージービーフの牛ロースで、
ベースに食べるお肉は牛ロースにします。

カロリーも100グラムで 150キロカロリーにも満たないので

仮に1キロたべても太りません。

しかも牛の赤身は幸せホルモンを合成する成分があり、
さらに幸福度もあがるのでおすすめです。

 

ダイエット中、疲労が出た時は豚肉のロースとにんにく、にら、玉ねぎを食べる

ダイエット中に、牛肉に飽きたり、体がしんどいな~と思うときは、豚肉のロースで脂身がないところを選んで食べます。

この時に、にんにく、にら、玉ねぎとあわせて食べると疲労回復度は肉の中でもTOPクラスの力があります。

※ダイエット中に豚肉を食べる場合、筆者は豚キムチやキムチ鍋おすすめしています。
詳細は豚キムチ鍋は実は高カロリー!?だけど痩せる!ダイエットに最適の鍋とは?

で紹介していますので、併せてご覧ください。

豚肉、鶏肉 カロリー 画像

今回のまとめ

1.基本牛の赤身肉をたべ疲れがでたら豚肉のロースを食べる

2.脂肪の多い鶏皮は鶏皮せんべいにしたり脂身は取り除いて食べる。

3.網でやいたりゆでて食べる

この3つを心がけることで、ダイエット中でも美味しくお肉を食べられます!

それとダイエット時の定番食材の鶏肉はカロリーが低いのでダイエット中にもちろんおすすめですが、牛をベースに疲労時は豚肉で、あいまに低カロリーな鶏肉を取り入れて食べるとさらにダイエット時は成果が出ると思います。

鶏ササミは牛肉や豚肉に比べると鉄分やビタミンB群も少ないので、
女性の場合、ダイエット時は貧血予防も考慮すると牛肉や豚肉ベースに食べたほうがいいです。

焼き鳥 鶏肉 カロリー 画像

そして調理法は油を使うより、焼く、蒸す、茹でるといった調理法がより痩せる事ができます。

ぜひ参考にしてみてください!

関連記事「ハンバーグは高カロリーだけど痩せる!ダイエット中に食べてもOK!牛肉には幸せホルモンを出す効果もあり!