低カロリーな帆立(ほたて)を食べてダイエット

2020年11月29日

低カロリーな帆立(ほたて)ダイエット

帆立(ほたて)は本当に買いやすいし食べやすくておいしい貝ですね。

バター焼きや、お刺身・カルパッチョから
串カツ、フライ・天ぷら色んな調理方法でも食べる事ができます。

ところで帆立は低カロリーでダイエット時の食事には向いているイメージがあります。
ただ、実際本当はどうなんでしょうか。

そこで今回は、ホタテのカロリーと栄養素、
ダイエット時におすすめの食べ方を中心に
食べた際のダイエット効果まで紹介していきます。

帆立(ほたて)とは

それではさっそく、
帆立(ほたて)についてウキペディアで少し調べてみました。

食用として多く漁獲されるが、現在では養殖もされている。うま味成分であるアミノ酸、グルタミン酸、コハク酸やタウリンなどが豊富に含まれている。ホタテガイ特有の甘味はグリコーゲンによる。出店 ウキィペディア

帆立(ほたて)は世界中で親しまれていて、いろんな料理がありますが
コハク酸や滋養強壮、肝機能回復に有効なタウリンも含まれていますね。

それでは、さらに帆立(ほたて)のカロリーを紹介していきます。

帆立(ほたて)低カロリー ダイエット

帆立(ホタテ)のカロリー

帆立(ほたて)1匹だと大きさにもよるので、
合えて100gでカロリーを調べてみます。

貝柱のカロリー100gあたり:90kcal
ひもも含めた場合で100gあたり:70kcal

ホタテの貝柱1個のカロリーで計算すると
20~60g カロリー:18~57kcal

程度となりました。
これは鶏肉のささみよりと比べても低カロリーで、
ダイエット時に十分に食べていい食材である事がわかります。

帆立カロリー ダイエット

帆立(ホタテ)の糖質

それでは帆立(ホタテ)の糖質も100gで調べてみます。

帆立(ホタテ)100gあたりの糖質:1.5g

ホタテの貝柱1個の糖質を重さで計算すると
50gで0.75gで、

程度となりました。
これは鶏肉のささみよりと比べても低カロリーで、
ダイエット時に十分に食べていい食材である事がわかります。

糖質もかなり低く、体に重要なたんぱく質や栄養素が豊富なので
ダイエットする時に食べる食材としてはダイエット向きといえます。

しかもおいしいし。

ほたて カロリー ダイエット

帆立(ほたて)で摂取できる栄養価

帆立(ほたて)は高たんぱく質で
100gあたり13.5g含まれています。

さらにエネルギー代謝を助けるビタミンB群も多く含まれおり、
特にビタミンB12が多く100gあたり11μg含まれています。

その他、赤血球の生成を助ける葉酸、DNAの合成に必要な亜鉛、
肝機能回復に重要なタウリンも摂取できるので常に食べたい食材でもあります。

それではダイエット時に
おすすめな帆立(ほたて)の食べ方を紹介します。

 

ダイエット時にオススメな帆立(ホタテ)の食べ方

それではダイエット時におすすめの帆立(ほたて)の食べ方を紹介します。

それはずばり

帆立(ホタテ)の刺身かお寿司で食べる事です。

帆立 カロリー ダイエット

その理由は、ホタテが持つビタミンB群は水溶性で、
調理の際に流出しやすい栄養素だからです。ちなみにホタテのビタミンB群も過熱すると流れ出してしまいます。

 

けど、ダイエット時には
特にエネルギー代謝に必要なビタミンBはしっかり摂りたいので、実は、お刺身やカルパッチョにして食べるのが、ダイエット中にはおすすめな食べ方です。

 

この際は、白米と食べずに野菜や豆腐をご飯代わりにして食べると
さらにダイエット時におすすめの食べ方になります。

まとめ

低カロリーな帆立(ほたて)を食べてダイエットを提案してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

帆立(ほたて)は低カロリーで腹持ちが良いので、いくら食べても一日の総合的なカロリーが抑える事ができダイエット中にはおすすめの食べ物です。

ぜひ、参考にして頂ければ幸いです。