低カロリーな海老(エビ)を食べてダイエット

2020年11月29日

海老は低カロリーで低脂質

串カツやエビフライ、てんぷら、お寿司、
シーフードスパゲティ、中華料理、どんな料理にしても旨い海老(エビ)。

筆者ももななも海老(エビ)は大好物でよく食べていますが、
お刺身や寿司でおなじみのあまえびをはじめ、

タコ焼きにかける干しエビから
北海道のブドウ海老、パナマ海老やブラックタイガーなど
いろんな種類の海老を食べる事ができます。

しかし、そんな海老のカロリーと糖質どれくらいの方がご存じでしょうか。

わりと知らない人が多いので、
今回は海老(エビ)のカロリーと糖質、摂取できる栄養素と
健康的にかつダイエット時に食べる時のコツをご紹介していきます。

 

海老(エビ)とは

さっそくまずは、
海老(エビ)についてウキペディアで調べてみました。

ほとんどのエビが食用にされ、大小さまざまなエビが漁獲・消費されている。陸上の昆虫などと異なり、少ない労力で大量に捕獲できるため、世界中で利用されている。ブラックタイガーなどの場合、販売時には下処理の方法によって有頭エビと無頭エビに分けて表示されることが多い。出店 ウキィペディア

エビの種類でも代表格は、ブラックタイガー、バナエイエビ、車海老、ブドウ海老、伊勢エビ、有明えび等が有名ですね。

実際に海老の種類は数千いるといわれていますが、実際は約50種類程度が食用らしいです。

それではわかる範囲で
海老(エビ)カロリーを紹介していきます。

海老のチリソース カロリー

海老(エビ)のカロリー

それでは各種類ごとで海老のカロリーを調べました。と糖質量をチェックしておこう。
分量は100g(生)あたりの大まかなカロリーです。

・バナメエビ (養殖、生)・・・90kcal
・ブラックタイガー ・・・82kcal
・甘えび ・・・92kcal
・ボタン海老・・・87kcal
・ブドウ海老・・・98kcal
・伊勢えび ・・・90kcal
・車海老 ・・・98kcal

こうしてみると、お察しの通りではありますが、
海老は基本的にイカやタコと同じくらい低カロリーです。

本当にイメージだけになりますが、甘エビってカロリー若干高そうに思いますが、
そうでもなくて低いです。

それでは海老の糖質も調べてみました。

海老(エビ)の糖質

それでは海老のカロリーと同じように
各種類ごとで海老の糖質量も調べました。

分量は100gあたりのカロリーです。

・バナメイエビ ・・・0.7g
・ブラックタイガー ・・・0.3g
・あまえび ・・・0.1g
・大正えび ・・・0.2g
・ボタン海老・・・0.1g
・いせえび ・・・0g
・くるまえび ・・・0g

なんと、伊勢えびと車海老は糖質0。

他の海老も本当に低脂質で、
これならダイエット中に海老を食べるのはおすすめといえます。

しかし実は食べ過ぎはよくないんです。

理由は次項で説明します。

 

海老(エビ)で摂取できる栄養価

エビはタンパク質が豊富で100あたりおよそ21g程度含まれています。

一般的に男性で60g、女性で50gが1日の摂取推奨量ですが、
海老100g程度で1日の3分の1摂取できると思うと、かなりの高たんぱく質な事がわかります。

しかししかし、たんぱく質だけでなく、
海老を食べると以下の有用な栄養素もとる事ができます。

貝レベルのタウリンが摂れる

海老100gでおよそ200mgのタウリンが摂れます。
これは1日に摂取したい半分くらいを摂取できるので、
肝臓が気になる人、疲労回復の効果、高血圧や動脈硬化の予防はもちろん、
髪のツヤが気になる人にもおすすめ。

アスタキサンチンが摂れる

海老特有の栄養素の一つ「アスタキサンチン」は
アンチエイジング効果、内臓脂肪の減少、疲労回復に役立ちます。

海老100gでおよそ2.8mgのアスタキサンチンが摂れ、
1日に必要な量の半分を摂取できます。

その他の栄養素

エビに含まれているビタミンの中でも多いのがビタミンEで、
ビタミンEは生活習慣病を予防する抗酸化作用があります。

その他、エビの殻からカルシウムなども摂れるので
海老を殻ごと食べる事で、若返りの効果も期待できます。

海老の栄養素ビタミンE

ダイエット時にオススメな海老(エビ)の食べ方

それではダイエット時におすすめの海老(エビ)の食べ方を紹介します。

それはずばり

海老(エビ)を素揚げして皮ごと食べる事です。

 

なぜならエビの殻にはキチン・キトサンが含まれており、
キチン・キトサンは脂肪を吸着して体外排出する働きがあるため、
ダイエット時に効果的なんです。

ダイエット時に素揚げにするというと
反対に太ると思われがちですがしっかり高温にして揚げて
しっかり油を切って食べれば大丈夫です。

(後述しますが海老は食べ過ぎがよくないので少量を揚げて食べてください。)

それと、エビの殻は胃腸が悪い時は消化によくないので、
食べないほうがいいです。

甘エビの素揚げ カロリー
※ダイエット中は写真のような甘エビの素揚げと他の魚介で刺身がおすすめです。

※他にも海老のお寿司、ゆでたエビのサラダもおすすめ。

ただしエビ(海老)はプリン体が多い

エビは低糖質・低脂質・低カロリーですが、実はプリン体が多い食材です。
プリン体は1日400mgを摂取する事が目安ですが、
海老は100g中で大体200mg含まれています。

なので海老ばかり食べ過ぎると痛風をはじめ体によくありません。

ダイエット時はもちろんですが、健康維持のためにも
海老は100g程度くらい食べるとして
他の魚や貝とセットで食べるべき食材なのも覚えておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

海老は「低カロリーで低糖質だからいくら食べてもいい!」という
イメージの方も多かったのではないでしょうか。

しかし海老には残念ながらプリン体が多く、
食べ過ぎるとダイエットどころか健康維持にも良くありません。

なので海老を美味しくいただくには、他の魚介や貝、
野菜やお肉と共に楽しんだほうがいいでしょう。

(筆者は海老をスーパーの1パック21匹一気に
串カツにして食べたりする事がありますが1年2回くらいにしてます。汗)

海老の串カツカロリー

ぜひ、参考にして頂ければ幸いです。