カロリーの高いねぎとろ丼をダイエット中に食べて痩せる

2020年5月20日

ねぎとろ丼

ねぎとろ丼は誰もが大好きな定番の料理ですが
カロリーが高くてダイエットに向いてないイメージがありますよね。

ねぎとろ丼は確かにカロリーが高く、太るイメージが強いですが、
実はダイエットに向いている料理であったりします。

そこで今回はカロリーの高いねぎとろ丼がダイエットに向いている理由、体系維持、ダイエットを心がける上で食べる際のコツや
おすすめのお店情報などをご紹介していきます。

ねぎとろ丼のカロリー

筆者ももが1番よく利用するすき家、まぐろたたき丼でカロリーを調べると1人前でだいたい752 kcal。

美味しいので特盛で注文して食べてしまうと軽く1000kcalをこえてしまいます。

こうみるとねぎとろ丼をダイエット中には食べてはいけないように思いがちですが
実はねぎとろ丼をうまく取り入れる事で効果的なダイエットが期待できるのです。

ねぎとろ丼がダイエットに向いている理由

ねぎとろ丼はカロリーが高いイメージがあり、
ダイエット中には控えないといけないと思われがちです。

一食で見た場合はカロリーオーバーになって太る感じがします。

しかしねぎとろ丼は、腹持ちがとても良く間食や他の食事が減り、
1日でみたトータルな摂取カロリーが超えにくくなり、
結果的に痩せると食べ物といえるのです。

30歳女性だと1日の総摂取カロリーは
平均で1800キロカロリーといわれてるので、

ねぎとろ丼を食べる日は
他の食事でねぎとろ丼を食べる分だけのカロリーを抑えます。

このように1日のトータル摂取カロリーを
超えないように食べる事を心がければ、
ねぎとろ丼はダイエットに非常に効果的な食べ物なわけです。

ねぎとろ丼とダイエットについて

ねぎとろ丼のようなカロリーの高い食べ物は
ダイエット中に食べるのは厳禁!だと思われがちです。

だけど実はそういう料理・食べ物だからこそ、
腹持ちが良いので一日の摂取カロリーさえ気を付ければ、
結果的に、ダイエットに向いている食事になるわけです。

実際に私はダイエット中であっても食べたいときに
食べたいものを食べるようにしてからは、食べ物へのストレスが無くなり、
無駄な間食しなくなったので痩せることが出来ました。

食べたいものを我慢してダイエット食品などの腹持ちしない食事をしても、
満足感を得られずストレスになって過食をしてしまい意味がなくなると思います。

皆様もこの機会に、ダイエット中の食事にねぎとろ丼を取り入れてみてはいかがでしょうか。