マグロのカロリーと糖質を調査してダイエット時に食べる

2020年11月18日

マグロ カロリー

お寿司屋さんの定番メニューとして刺身として愛されている魚の王様マグロ。

日本でマグロといえば、世界で獲れるマグロの約4分の1が日本で消費されているといわれているほど国民食で皆がよく食べる魚ですね。

缶詰でもツナ缶は誰もが大好きで嫌いな人を探すほうがむずかしいです。

そんなまぐろですが赤身だけでいうと
とても低カロリーでダイエット時におすすめの食材です。

そこで本記事では、マグロの種類や部位ごとのカロリーと、ダイエット中に食べるマグロを使った代表的な料理を紹介します。

マグロのカロリー

マグロのおおまかなカロリーの目安として冒頭でも述べた通り、
一般的なマグロの赤身(生)の平均的なカロリーは約120kcal程度。
他の魚と比べると低い方で、かなりヘルシーであると言えます。

それでは代表的なまぐろのカロリーも種類別で紹介します。

黒マグロ(本マグロ) 125 kcal
ビンチョウマグロ(びんちょうマグロ) 115 kcal
南マグロ(インドマグロ) 95 kcal

というわけですが、
インドマグロ、びんちょうマグロは脂質が少ない事でカロリーは低めでした。

ちなみにツナ缶のカロリーは水煮で100kcal、油漬で280kcal前後とみていて良いです。

マグロステーキ カロリー

中トロ大トロのカロリー

中トロは、赤身と脂身(大トロ)の両方が混ざった部位で
お店やその時の個体で変わりますが、

中トロの部位だとカロリーは170kcal程度で、
大トロのカロリーも調べてみると100gで350kcal前後くらい
とみて判断すればいいと思います。

マグロの赤身ならダイエット中に安心して食べることができますね。

マグロの栄養素

一方、マグロは糖質もかなり低く、
ビタミン・ミネラルではセレンとナイアシンが多く含まれていて、
ビタミンB群、葉酸など栄養が豊富です。

それではダイエット時におすすめなマグロの食べ方を紹介します。

マグロステーキ カロリー

ダイエット時にオススメなマグロの食べ方

それではダイエット時におすすめのマグロの食べ方を紹介します。

それはずばり

マグロの赤身で作るマグロのやまかけです。

マグロ カロリー

まぐろを山芋の栄養素と海苔でいただく「まぐろのやまかけ」は
やまかけの栄養素もですが、腹持ちがよく旨味もすごく強いので、食べた感も強く、食べ過ぎも抑える事にもつながります。

この時、白米と食べずに豆腐と枝豆、野菜の煮つけなんかと食べるとさらにダイエット時におすすめの食べ方になります。

まとめ

マグロの赤身はその他の赤身魚と比べてもカロリーがかなり低く、糖質量も限りなく0gなのでメタボの中年やダイエット中の人におすすめな食材です。

ただ中トロ、大トロは脂身の分カロリーが上がるので、ダイエット中は控えたほうがいいですね。

ぜひ、参考にして頂ければ幸いです。